山崎機械の鍛造技術

“鍛えて造る” 一見単純にも思える型打鍛造。我々は、「より複雑な形状を、より多様な材質を、より大きな品物を」造るべく、研究・開発を重ねてきました。長年の歴史で培った経験と、唯一無二の職人技で成し得る難成形鍛造品を製作します。他社では真似する事の出来ないオンリーワンの鍛造技術をご覧ください。

サイズ・大きさも
自由自在。

最大外径 φ840、最大長さ 1400mm 最大外径 φ840、最大長さ 1400mm
対応重量 1kg~1000kg 対応重量 1kg~1000kg

山崎機械製作所の鍛造品は、最大外径φ840、最長1400mm、重量は約1kg~1,000kg。これらを生産可能にするのは、1t~8t、合計10ラインに及ぶエアスタンプハンマーなどの幅広い設備ラインナップです。また、上記のサイズを超える製品についてもご相談ください。

取り扱い材質

  • ステンレス
  • 工具鋼
  • 軸受鋼
  • 耐熱鋼
  • アルミ合金
  • 銅合金
  • チタン合金
  • ニッケル合金
  • その他

一般的なSCやSCMはもちろん、
他社では扱っていない
加工しにくい材質にも対応。

チタン合金など特殊な材質も山崎機械の技術力によりエアスタンプハンマーにて型打鍛造が可能です。実績の無い特殊な材質においても、積極的にチャレンジします。また、材質の提案も行っています。

  • ASTM
  • ASEM
  • AISI
  • DIN

JIS 規格以外にも、
海外規格の材質も扱っています。

年間5万トンの鋼材購入実績を誇る山崎機械の調達力で、JIS以外の海外規格材も調達可能です。

山崎機械の
鍛造の種類

納品までの流れ

設計

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□。

鋼材の切断

製鋼メーカーで圧延された鋼材を切断し、加熱炉で材質ごとの鍛造適温度まで加熱します。

加熱処理

加熱炉で材質ごとの鍛造適温度まで加熱します。

荒成型・型打鍛造

複雑な形状の場合など、荒成型が必要なものは型打鍛造の前に荒地をハンマーで成型、その後最終形状に近い形状まで別のハンマーで成型します。

トリミング

型打鍛造でできたバリをプレスで除去します。

プレス成形

ハンマーでは成型することのできない形状の場合はプレスで成型していきます。

熱処理

鍛造製品を加熱・冷却することによって性質を変化させます。

ショットブラスト

表面に投謝材をぶつけて酸化膜スケールを除去。

機械加工

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□。

各種検査

製品としての品質を満たしているか検査を行います。

出荷・納品

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□。

山崎機械の鍛造技術は
不可能を可能に
するために。