鍛造製品の紹介

建設機械・船舶・鉄道車輌・建築部材など、多様な分野で山崎機械の型打鍛造製品は使用されます。
これまでに製作した様々な製品をご紹介します。

各製品の写真をクリックすると詳細が表示されます。

  • 船舶部品
  • バルブ部品
  • バルブ部品
  • バルブ部品
  • 石油掘削部品
  • 橋梁部品
  • バルブ部品
  • 建築構造部品
  • 歯車部品
  • バルブ部品
  • 握索機械部品
  • 破砕機部品
  • 握索機械部品
  • 建設機械部品
  • 建設機械部品

完成品の例

  • 建設機械部品
  • ブルドーザー部品
  • ブルドーザー部品

山崎機械製品の9割以上は、熱処理や機械加工の後工程まで行いお客様に納入させていただいております。
グループ企業や様々な協力企業と連携し、ロット・形状・材質・仕様などお客様の多種多様なニーズに沿った製品提供が可能です。山崎機械にて後工程まで一貫して行うことにより、徹底した品質管理のもと低コスト・短納期を実現いたします。

鍛造化の事例紹介

溶接・鋳造・圧接・ロストワックスと多種多様な製法で造られる金属製品に対して、山崎機械では型打鍛造をご提案致します。これまでに培った経験をもとに、小ロット・多品種を得意とするからこそ成しえる業を、是非ともご覧下さい。

  • フリー鍛造から型打鍛造に

    金型を使用せずに大まかな形状に仕上げるフリー鍛造は、大きな製品を1個からでも製作できることが最大のメリットです。一方で、比較的大きな削り代がつき、機械加工の時間が長くなる事がデメリットとしてあげられます。山崎機械の型打鍛造は、最終形状に極めて近い形に設計された専用の金型を用いることでそれらの問題を解決するとともに、1tを超えるような製品の鍛造が可能なこと、小ロットでの鍛造を行うことを武器にフリー鍛造で製造されている製品の型打鍛造化を可能としました。

  • 溶接から型打鍛造に

    溶接で組み立てられる製品を型打鍛造で一体化することにより、溶接の工程を省くことができ、また溶接部の強度的な不安定さが解消されます。また、溶接製品でみられる強度アップのためのハリを型打鍛造化により省略することで、製品の小型化・軽量化が可能となります。

  • 鋳造から型打鍛造に

    鋳造では避けることの出来ない「す」が鍛造品には発生しないため、「す」の発生に伴う補修や再製作という手間とコストを解消します。また、鋳造品には存在しない金属組織の流れ(鍛流線・メタルフロー)が製品をより頑丈にするため、特に強度や高い品質が必要とされる建設機械や鉄道車両、船舶用エンジンなどの重要保安部品に多く採用されます。