鍛造とは。

そもそも、鍛造って何だろう?

鍛え抜かれた鋼は強い。

鍛造(たんぞう、forging)とは、金属加工の塑性加工法の一種。金属をハンマー等で叩いて圧力を加える事で、金属内部の空隙をつぶし、結晶を微細化し、結晶の方向を整えて強度を高めると共に目的の形状に成形する。古くから刃物や武具、金物などの製造技法として用いられてきた。

鍛造化のメリット

メタルフロー(鍛流線)
メタルフロー(鍛流線)
金属は結晶組織によって構成されており、鍛造加工することでこの結晶を微細化し、塑性流動させます。この金属組織がもつ流れをメタルフロー(鍛流線)と呼びます。

一般的な
鍛造化のデメリット

これら鍛造化に伴う
課題の解決力こそが
山崎機械製作所の真骨頂です。

各種金属製品のより容易な鍛造化を実現するため、山崎機械ではさまざまな工夫とチャレンジの末これらのデメリットを克服、従来では不可能とされていた鍛造製品の生産を可能にしました。